サッカー 指導法

サッカーが上達する為、及びサッカー指導法についての商品を取り揃えています。 サッカーが上達する為、及びサッカー指導法についての商品を取り揃えています。部活動だけの経験に基づいても上達は難しいですし、指導も素人です。しっかり基礎から学んで、上達しましょう。

サッカー。またはフットボール。世界で一番競技人口の多いスポーツですね。
日本でも「キャプテン翼」が流行りだしてから、それまで男の子のスポーツといえば
野球だったのが、サッカーが台頭してきましたね。
私はキャプテン翼世代ですので、部活動は野球にしようかサッカーにしようか
すごく悩んだ思い出があります(結局両方とも練習がキツそうだったので、
卓球部に入りました)。

 

それからJリーグ開幕で、ブームは最高潮!選手がタレントのように
扱われていました。
マスコミというのは残酷なもので、サッカーで視聴率が取れないと分かると、
あっさり放映を止めてしまいました。ここで一旦下火になったのですが、
2002W杯で一気に復活!
Jリーグの地元密着の姿勢もあって、その後は、大メジャースポーツとして
定着したようです。
その証拠に、子供にサッカーを習わせる親の多いこと多いこと!
地元のスポーツ少年団から、学校のクラブ活動、Jリーグのユースまで、
実に沢山のお子さんがサッカーをプレーしています。

 

もし、あなたが指導者なら、「子供のプレーのレベルが上がらない」
「レベルの高い一握りの子供だけでボールを回して、チームプレーに
なっていない」等々のお悩みを抱えていませんか?

 

もし、あなたがプレーヤーなら、何か壁にぶつかってワンランク上に
上がれないような気がしませんか?

 

指導者の方は、自分のプレー経験だけで指導していませんか?
今や(昔もですが)サッカーは、一人の上手な子に頼ってする
スポーツではありません。システマティックな団体競技になっているのです。

 

そして、元プロ選手や指導のプロに教えを請うべきです。
正しい指導法、正しいテクニックを学ぶべきなのです。

 

今回ご紹介する商品は、どれもプロの指導者や元Jリーガーです。
これ以上正しい指導法・テクニックを学ぶ方法が他にありますか?
もちろんマンツーマンで個別指導を受けたりすれば別ですが、
つても必要でしょうし、何より費用がかかります。

 

今回の商品は1度買ってしまえば、後は何度でも繰り返し見ることが
できます。そこで身に付けた指導法やテクニックは(練習を怠らない限り)、
一生身に付きます。
そういった意味では一生物の買い物といえるでしょう。

 

ですから、商品紹介ページをじっくりと見てよく吟味してください。
そして、一番自分に合う商品を選んでくださいね。

 

1日も早く、あなたがプレーヤーとして、あるいは指導者として、
一つ上のステージに上がって、強豪チームになることを
こころから願っています。

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾 【KS0001】 

 

 

 

多くの指導者が気づいていない、少年サッカー指導で最も大切な事とは?

それは、目先の勝敗にこだわらず、選手個人の技術を伸ばす事を重点に置くということです。
つまり、少年サッカーの指導においては、今日明日の結果よりも、子供達の将来を見据え、“個人の能力を伸ばす”事の方が重要だと分かったのです。
実際、この事に気づいてから、私達のチームは変わりました。
もちろん、取り組むトレーニングも変わりましたが、一番変わったのは子供達の自主性とやる気です。
目標を、目先の勝敗ではなく、個人のスキルアップに置く事で、子供達には良い意味で心の余裕が生まれました。
そして、練習を楽しみながら、個々のレベルアップが図れるようになり、遂には、以前よりも強いチームを作る事が可能になったのです。
「当り前のことを…。」
と思われたかもしれませんが、実際サッカーの指導現場では、「個人の能力を伸ばす」といったポイントに重きを置いてトレーニングが組まれている所は多くありません。
多くのチームでは、勝敗にこだわった戦術的な練習を取り入れています。
そして、その戦術は、身体能力の高い選手を軸に作られている場合が多い物です。
しかし、このようなトレーニングを取り入れても、身体能力の高くない子は結局ついて行けません。
せっかく、サッカーが大好きでチームに入ったのにもかかわらず、サッカーが面白く無くなり、結果、辞めて行く子達が多いのです。
少年の段階では、まだその子が将来どのような成長を遂げるか分かりません。
もしかしたら、数年後に才能を開花させ、将来の日本を担うトップ選手になるかもしれません。
それなのに、途中で辞めるのは、本当にもったいない事です。
しかし、子供の心はそんなに強くありません。

本来、サッカーが好きで始めた子供達も、「ただ勝つため」の練習では身も心も持ちませんし、モチベーションが保てません。
このような事実があるからこそ、お子さんが今後、サッカー選手として成長する為にも
お父さんお母さんの存在は、とても重要になります。
お子さんの気持ちが折れてしまう前に、あなた自らがお子さんへ、楽しみながら自主性とやる気、個人技術をアップさせるようなトレーニング方法を教えてあげる必要があります。
では、具体的にどのようなトレーニングが効果的なのでしょうか?
様々な指導経験を経て、その答えはドリブルのトレーニングにたどり着きました。

 

≫詳細ページ

【城彰二】あの城彰二がついに、プロの企業秘密を初公開!トッププロとして、少年サッカー指導者として、様々な経験の中から培った城彰二ならではの発想と実戦ノウハウをここに公開します。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.infotop.jp/click.php?aid=247351&iid=32756 

≫詳細ページ

【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD 

 

巷には指導経験の乏しい元Jリーグの選手などが出演するシュートやトラップ、ドリブルが上達するなどと謳った書籍やDVDが数多く出ていますが彼らのプロモーションビデオのようなものを見て果たしてサッカーが上手くなるかは疑問です。
 
私は指導者歴20年以上になります。そしてJリーグのチームでも指導した経験からそのような書籍やDVDを見て疑問を感じ、日本サッカー界に一石を投じたくあなたが試合の中で活躍し、チームの成績が向上する方法をJFA(日本サッカー協会)公認S級コーチのライセンスに恥じぬようあなたにお教えする決意をいたしました。
 
この方法は幼少時代に身に付けなければいけないキックやトラップの基礎知識メインではなく少年から社会人までのカテゴリーに関わらず、サッカーで重要な試合の中での動き方や練習の中での気持ちの持ち方、試合に勝つ為のスキルアップをメインとしています。
 
ですので、幅広い年代の方に参考になる事でしょう。

 ≫詳細ページ

檜垣裕志のサッカーテクニック向上メソッド 〜トッププレイヤーになるための利き足のポイントテクニック〜 [HYS0001] 

 

結論から申し上げると、子どもたちにしっかりと基礎を覚えさせ、短期間で上達させるには、一つのシンプルな「ルール」があります。
 
新米コーチでもすぐに教えられる簡単なルールですが、この事実に気がついている指導者は、まだほとんどいません。
なぜなら、この上達のルールは、ブラジル一部リーグで活躍した、ある日本人プロ選手が発見したルールだからです。
 
今からくわしくご紹介させていただきますが、
あなたは、これからご紹介する方法を知って、すこし驚くかもしれません。
日本では一般的に「こうした方がよい」と子どもたちに教えている方法が、サッカーの本場、ブラジル一部リーグで活躍したプロは、
「サッカーが上手くなるのに、そんなものはいらない」「試合に勝つことを考えれば、邪魔になるだけだ」と、教えているのですから!
 
でも、この指導法の効果は、すでに実証済みです。

 

 

 

≫詳細ページ

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法 

 

僕、越智隼人が今回みなさんに提案するのは、「一人でもできる」「親子でもできる」というコンセプトに基づいたトレーニング方法です。
 
複数人が必要なトレーニングは、クラブチームでも実践しているので、あらためて知る必要も無いかと思います。
問題は、子供が家に帰ってきてから、家の前で、近くの空き地で、どんなトレーニングをしたらいいのかということです。
しかも休みの日に、一緒にトレーニングをするお父さん、お母さんがサッカーをやったことが無いという場合がほとんどではないでしょうか。
 
僕のクラブチームでも、子供たちは自主トレはするのですが、やり方がわからずに、ただボールを蹴ったりして、体を動かしただけでトレーニングをしたつもりになっているだけということが多かったのです。
 
そこで、一人でもできるトレーニングを子供に教えてあげることで、自主トレがとても意味のあるトレーニングになったり、お父さん、お母さんはボールを差し出すだけでも、とても練習効率の高いトレーニングを行うことができるのです。

 

 

≫詳細ページ

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBA  ドリブル基礎トレーニング 初級編 [KS0002] 

 

「子どもに上手になって欲しい」という気持ちは、どこの親も同じです。
しかし、多くのお父さん、お母さんにサッカー経験がないため、「上達させてあげたいけど、どうしたらいいのかわからない!」と悩んでおられます。
さらに一方では、発育段階にある子どもに、大人と同じような練習をさせるなど、間違ったサポートをしているケースも目に付くようになってきました。
子どもは小さな大人ではありません。
大人には当たり前のことでも、無条件に子どもに当てはめようとしてはいけません。
子どもを上達させたいと思うなら、からだの発育や理解力を考えた上で、与えるトレーニングには、細心の注意をはらう必要があります。
でも、いったいどんなトレーニングをさせるのがいいのでしょうか…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≫詳細ページ

わんぱくドリブル軍団 JSC CHIBA『ドリブルトレーニング 中級編』〜2つのコーンで差をつけろ!フェイント練習〜 [KS0004] 

 

今回、再現性が高く、子どもの想像力を鍛えることができる
より実戦的なドリブルトレーニングをDVDに収録して公開することが決定しました。
私が25年かけて形にした、短期間で子どもたちを上達させる指導のノウハウの全てを包み隠さず公開させていただきます。
DVDには、実際に効果の高かったドリブルトレーニングの方法や体の使い方の説明、 指導における声掛けのポイントなどがわかりやすく収録されています。
このドリブルトレーニングは、子どもたちはメキメキと上達させ、試合で活躍できる選手に育てるのに効果的であることをお約束します。

 

 

 

 

 

 

≫詳細ページ

吉田康弘 『究極のパス上達理論』 〜正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント〜 [YY0001]  

 

ジーコは、こう教えてくれました。
「サッカーは、ボールを止める・蹴るがすべてだ」と。
ボールを止める・蹴る。これは、つまり「トラップとパス」になります。
「トラップなら、もう指導しているよ」「うちの選手は、ひと通りはできるから大丈夫」もしかすると、こう思われた方もいらっしゃるのではないかと思います。
正直に言うと、わたしも同じでした。
あこがれの選手であるジーコから、はじめてこう教えてもらったとき、それがどういう意味なのかよくわからなかったのです。
でも、ジーコの練習する姿、試合でのプレーを見ているうちに、この言葉に込められたほんとうの意味がわかるようになってきました。
それから、わたしの基礎に対する考え方は、大きく変わることになったのです…

 

 

≫詳細ページ

【第2弾】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法「超初級編」 

 

「もっともっと初歩的なトレーニングが知りたい!」

 

 

 

 なんと半数以上の親御さんが、そのような回答をしたのです。

 

  

 

細かく内容を聞くと、戦術や試合の中での動き以前に、リフティングが10回以上続かなかったり、自宅でどのような練習をしたらいいのかわからなかったり、本当に最初の部分でつまづいている子どもが多い事に気付かされました。

 

 

 

そこで、現状を把握するために、ほとんどの親御さんが購入したことがあるという、書店やインターネットで販売されている本やDVDを、できるだけ多く目を通してみました。

 

 

 

有名な元Jリーガーが監修した本だったり、DVDを見ていくと、数回見て本棚に飾られてしまっている理由が、何となくわかったような気がしました。

 http://www.infotop.jp/click.php?aid=247351&iid=37508 

≫詳細ページ